静岡県の財政状況(決算審査から)

10月26日から始まった平成29年度の決算審査に、健全化の判断比率等審査意見が監査委員から示されました。

実質赤字比率、連結赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率の4つの点から健全化の判断が示されました。

それぞれの基準には収まっているものの、将来負担額の大半を占める県債が増加しており、借金である県債の縮減により一層の努力が必要です。

分科会方式で開催されている審査においても、目標達成のためには課題の認識と要因の分析をより深く行なうことを求めました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中